引越しに伴う子供の転校手続きは?

引越しは評判のよい業者で見積もりをとるのが王道です

2,130万件以上の業者紹介実績のうち、
95.2%の方が「また利用したい!」と答えた

引越し,安い,相見積もり私も約30万円値引きした方法はこちら

引越しに伴う子供の転校手続きは?

引越し,安い,転校,手続き,学割

引越しする際、小中学校のお子さんがいる

場合は、転校手続きをしなければなりません。

 

また、高校生や大学生の場合、上京やキャンパスの
移動にともなって住み替えが必要な場合があります。

 

ここでは、どんな手続きを経れば良いのか、そして
お得なプランにはどんなものがあるのか紹介します。

 

公立の小・中学校の場合

 

転居の1ヶ月前までに担任の先生に連絡し、

「転出届」の書類を受け取る。

現在通っている学校から

「教科書給与証明書」「在学証明書」を発行してもらう。

※転校届の提出が必要な場合もあります

ので、印鑑を所持しておくと良いです。

市区町村が異なるところに引越しをする場合には、役所に

「転出届」を提出し、「転出証明書」を交付してもらう。

※市区町村が同じ場合は、「転居届」を提出するだけです。

引越し先の役所で「転入届」

「転出証明書」を添付して提出する。

 

教育委員会での手続き

 

・転入学通知書(就学通知書)を交付してもらう。

 

※新住民票が必要なケースがあります。

 

転校先での手続き

 

以下3点を提出する。

 

・転入学通知書

 

・在学証明書

 

・教科書給与証明書(転学児童(生徒)教科書用図書給与証明書)

 


※私立中学の転校手続きの流れは、
下記の私立高校の場合と同様です。

 

高校の転校手続きの流れと注意点

 

高校は義務教育ではないため、小・中学校とはちがい、
転校の条件がありますし、手続きの方法も異なります。

 

また、公立か私立かによっても変わります。

 

おおまかな流れは以下のとおりです。

 

公立の場合

私立の場合

いま在学中の高校に転校の連絡をする。

在籍証明書成績証明書転学照会書をもらう。

希望の転校先に欠員の有無を確認する。

※欠員がない場合は転校を受け付けてくれません。

編入試験を受ける。

合格したら、必要書類を提出する。

公立高校の場合と同様に、転校が可能か否かを確認する必要があります。

 

教育委員会ではなく、「都道府県私学協会」に連絡する必要があります。

 

転校先の管轄協会に、転校を受け付けている学校の有無を確認しましょう。

 

それ以降は公立の場合と同様です。

 

 

学生にお得なプラン

 

多くの引越し業者では、学生向けのプランを用意しています。

 

例えば、学割パックの特徴を見てみましょう。

 

引越し,安い,転校,手続き,学割引越し費用が10%前後安くなる。
引越し,安い,転校,手続き,学割特典が付くことがある(例:カーテン無料サービス)。
引越し,安い,転校,手続き,学割訪問見積もりが不要な場合がある。

 

その他レディースパックや単身者向けプランなどがあります。

 

ただ、学生の引越しは繁忙期であることが多いです。

 

学割パックよりも単身パックのほうが安い場合もあり
ますので、どちらの方が安上がりなのかを前もって
確認してからプランを決めることをおすすめします。

引越しの予約と見積もりは状況にあわせて選びましょう!

業者予約をネットで完結できる業界初のサービス!

引越し,安い,見積もり,予約

こんな方におすすめ!
・訪問見積もりがめんどうくさい方
・時間がない方
・ランキング・口コミをもとに選びたい方

引越し,安い,見積もり,予約いますぐ引越しの予約をする方はこちら

 


最大10社に無料で一括見積もりができる!

引越し,安い,見積もり,予約

こんな方におすすめ!
・相見積もりをしてとことん値引きしたい方
・時間に余裕がある方
・見積もり特典がほしい方

引越し,安い,相見積もりいったん見積もりをとる方はこちら