引越しの荷物量と作業員数

引越しは評判のよい業者で見積もりをとるのが王道です

2,130万件以上の業者紹介実績のうち、
95.2%の方が「また利用したい!」と答えた

引越し,安い,相見積もり私も約30万円値引きした方法はこちら

引越しの荷物量と作業員数

引越し,荷物,処分

引越しを安い費用に抑えるためには、

荷物量や作業員数を減らすことが大切です。

 

梱包する荷物大小にもよりますが、ダンボール数を減らすと、
トラック1台に多くの荷物を詰め込むことができます。

 

2tトラック1台で運搬できれば、
4tトラック分の費用を負担する必要がないのです。

 

運搬車両が1台で済めば、必要な作業員の数を最低限に
抑えられるので、余分な人件費もかかりません。

 

一般的に、住居から備え付けのものを除いてすべて撤去します。

 

特に家族での引越しの場合は、すべての荷物を
新居に持って行こうとすると量が多くて大変です。

 

業者の負担が大きくなり、料金も高くなります。

 

ですので、引越しを機に不用品を処分する人が多いです。

 

また、引越し業者が料金を決める一つの
基準として、ダンボールの数があります。

 

ダンボールの数が多ければ多いほど、運送用の
トラックを大きくしたり、台数を増やしたり、
作業員を増やさなければならないからです。

 

 

引越し,荷物,作業員
    見積もり時のダンボール数で運送用トラックの大きさが決まる
    ため、それまでに荷物量を減らしておくことをおすすめします。

 

 

ここでは、荷物量の減らし方と作業員の適切な人数について説明しています。

 

荷物の量を減らすには?

 

まず最初に、不要なものをリスト化していきます。

 

  • 古くなった家電製品(洗濯機や電子レンジ、冷蔵庫など)
  • 何年も読んでいない本・教科書
  • 定期購読している新聞や雑誌
  • ベランダや庭にただ置いてあるだけの自転車
  • 必要ではなくなった書類

 

など、思いつくものをひたすらリスト化します。

 

捨てるか迷った場合は、思い切って捨てると良いです。

 

何年も使っていないもので、今後も使わないと思うものは
新居へ引越した後も無駄にスペースを取られるだけです。

 

家にある荷物が少なく、使えるスペースが
広ければ、それだけ心もスッキリします。

 

スッキリした空間は、脳に与える影響も
良いという科学的な証拠もあるようです。

 

 

ダンボール数は、部屋の間取りによって目安があります。

 

部屋の間取り

ダンボール数

1R(個室1)

10枚程度

1DK(個室1+ダイニング+キッチン)

20枚〜30枚程度

2DK(個室2+ダイニング+キッチン)

40枚〜60枚程度

3LDK(個室3+リビング+ダイニング+キッチン)

50枚〜80枚程度

4LDK(個室4+リビング+ダイニング+キッチン)

80枚〜120枚程度

 

あなたの家の間取りに照らして、現時点で必要な
ダンボール数がこれくらいなのだと考えてください。

 

そして処分する荷物を決めてダンボール数を減らしましょう。

 

荷物を処分する方法には3つあります。

引越し,荷物,処分リサイクルショップで買取ってもらう

 

引越し,荷物,処分親戚や友人にゆずる

 

引越し,荷物,処分粗大ゴミとして処分する

 

まず、リサイクルショップで家具や雑貨、
いらない本などを買取ってもらいましょう。

 

通常、粗大ゴミとして処分したり、引越し
業者に引き取ってもらうにはお金がかかります。

 

しかし、リサイクルショップで買取って
もらえるケースも多いのでお得です。

 

そのお金を引越し料金にまわせるため一石二鳥でもあります。

 

オークションで不用品を売ることもできます。

 

ただ、希望の額で売れるかどうかは力量次第なので、
金額を知ってから売却したい場合は
リサイクルショップのほうが安心でしょう。

 

次に、リサイクルショップで買取ってもらえなかった物を必要
としている親戚や友人がいるかどうか探してゆずりましょう。

 

近所をまわって知らせることも意外と有効です。

 

以上2つの方法でも処分できなかった荷物は、
最終手段として粗大ゴミ扱いで処分しましょう。

 

上記の流れを意識するだけでも、処分費用を抑えられます。

 

作業員の数はどのくらいが適切か?

 

作業員数が少ないほど、業者の人件費が
安くなるため引越し費用も安く抑えられます。

 

単身の場合は、2〜3人の作業員が来ることが多く、
家族の場合は、5〜7人程の作業員がきてくれます。

 

家族の引越しでも、実際に荷物を運ぶ作業員数は2〜3名でしょう。

 

残りの作業員は、トラックの運転手と、玄関前で
荷物を待ってトラック奥に運搬する人です。

 

そこで、残りの作業員を減らすことが有効です。

 

引越し当日に玄関前まで自分で荷物を運ぶ旨を
見積もりの段階で業者に伝え、「作業員の数を
減らして料金を減額してください」と交渉して
みると、費用を値引きできる可能性があります。

 

交渉を断る業者もありますが、親切な
業者であればこの交渉に応じてくれます。

 

まずはあなたが協力することで引越しをスムーズに
進められることを業者に伝えることがポイントです。

引越しの予約と見積もりは状況にあわせて選びましょう!

業者予約をネットで完結できる業界初のサービス!

引越し,安い,見積もり,予約

こんな方におすすめ!
・訪問見積もりがめんどうくさい方
・時間がない方
・ランキング・口コミをもとに選びたい方

引越し,安い,見積もり,予約いますぐ引越しの予約をする方はこちら

 


最大10社に無料で一括見積もりができる!

引越し,安い,見積もり,予約

こんな方におすすめ!
・相見積もりをしてとことん値引きしたい方
・時間に余裕がある方
・見積もり特典がほしい方

引越し,安い,相見積もりいったん見積もりをとる方はこちら