引越し 安い

引越しで損しないために相見積もりをしてください!

1890万件以上の業者紹介実績のうち、
95,2%の方が「また利用したい!」と答えた

引越し,安い,相見積もり私も約30万円値引きした方法はこちら

引越し料金を1週間で31万円安くした方法教えます!

 

 

引越し,安い

「この価格、ぼったくりじゃない!?」

 

 

私が初めて引越し業者を利用したとき、提示された
金額が不当に高くて唖然としたのを覚えています。

 

平気で30万円以上の見積り金額を
提示されることも少なくなかったからです。

 

どうやって引越し料金を安くするか検討もつきませんでした。

 

  • 引越し費用の相場を知らない
  • 安い時期や曜日を知らない
  • 荷物量と作業員の数が料金に与える影響を知らない
  • 交渉の仕方を知らない

 

など、どれも無知に等しい状態でした。

 

 

しかし、それから5回の引越しを繰り返し、インターネットで
調べるだけでなく、業者との交渉を実体験したことで徐々に
引越し料金を安くする方法を見つけられるようになりました。

 

 

最後の引越しでは、

 

引越し形態

家族(3人)

引越し時期

3月下旬(繁忙期)

引越しの移動距離

東京都北区→東京都豊島区 約15km

 

状況

タワーマンションへの一斉入居のため、日時指定あり

 

※日時指定をすると、引越し料金が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

工夫した点

・荷物量を減らした

 

1.不用品を処分して見積り前にダンボール数を少なくした。

 

2.ペット犬は所有のペット用バッグに入れ、自分で運搬することでオプション料金をなくした。

 

荷物量を減らすと、トラックの大きさや台数も少なくなるので料金が下がります。

 

 

・作業員数を少なくするように交渉した

 

作業員数を少なくすると、業者が負担する人件費を抑えられるので、料金も安くできます。

 

 

・複数の引越し業者に見積もりを出してもらい、業者間に競争させた

 

業者間で競争させると、安い料金で引き受けてもらいやすくなります。

 

繁忙期(3月)で引越し料金が最も高い時期にもかかわらず、

 

 

引越し,安い

390000円→83000円

 

 

最大30万円以上(307,000円)の値引きが実現しました。

 

 

同じ条件でここまで値引き率を高くして引越し
する点では誰にも負けないと自負しています。

 

 

ただ一方で、引越しをする人の多くが、納得の
いかない価格でやむを得ず引越しをしています。

 

私もそのうちの1人でしたので、納得のいかないモヤモヤ感がわかります。

 

 

引越しは、何もテクニックなど必要とせずに、
ただ知っているか知らないかのちがいだけで

大きく損するか得するかが決まってしまいます。

 

 

知っていれば誰でも安く引越しができるのに
知らないがために大損してしまうのは非常にもったいないです。

 

 

当サイトでは引越し費用を安く抑える方法を紹介しています。

 

 

引越し業者によって見積り額がちがう理由は?

 

引越し業者によって料金が異なるのは周知の事実です。

 

しかし、その内訳を知っている人はそれほど多くありません。

 

引越し料金の内訳は、「運賃+人件費+作業費(梱包費等)+オプションサービス」です。

 

引越し,安い,方法運賃は、荷物の輸送料金のことで、トラックの大きさや台数、移動距離によって変動します。

 

引越し,安い,方法人件費は、作業員の数によって算出されます。

 

引越し,安い,方法作業費(梱包費等)は、ダンボールやガムテープ、緩衝包装材、布団袋などにかかる料金のことです。

 

引越し,安い,方法オプションサービスには、ピアノの運搬や清掃、エアコンの設置、資材費、乗用車の運送など様々なものがあります。

 

また、引越し業者が責任を負えないような高額な荷物を扱う際、破損した場合に補償される任意保険もあります。

 

引越し業者によって、作業員数の多さを
強みにしているところもあれば、オプション
サービスに力を入れているところもあります。

 

例えば小さい業者であれば、作業員数が少なく、人件費を
抑えられ、安く引越しできるのを強みにしている場合があります。

 

一方、作業員の数が少ないので、移動
距離が長いと1日に作業できる案件の
数が減ってしまうといった弱点があります。

 

ですので、この業者に頼むのは、引越しの移動
距離が短く、かつ作業員数も少なくて済む荷物
量が少ない単身の方に適する業者と言えます。

 

引越し業者の規模や作業員数、トラック数などの固定費が
それぞれ異なるので、業者によって見積り額がちがうのです。

 

 

引越し,安い,運賃
※某引越し業者の運賃料金表です。ここに人件費や作業費等がプラスされます。

 

 

最安値で引越しするためにはどうすればいいの?

 

最安値で引越しをするためには、最低でも5つの
引越し業者から見積もりを取る必要があります。

 

1社目の見積り金額が高くても、2社目、3社目とできるだけ多く
引越し業者同士に競争させることで驚くほど安くなっていくからです。

 

そこで、業者間の競争を激化させるために
オンラインの無料一括見積りサイトが有効です。

 

引越し侍では、一括で最大10社の見積額を比較できます。

 

 

複数の業者に自宅に来てもらって、荷物の量や大きさなどを
確認してもらうと、正確な見積もり額を提示してもらえます。

 

私も一括見積りを利用して6社から見積もりをとっていな
ければ、これほど安く抑えることは絶対にできませんでした。

 

オンライン無料一括見積りを最大限活用するために、次ページからの4つのポイント

 

「費用の相場」、「時期と曜日」、「荷物量と作業員数」、「安く抑える交渉術」

 

を読んでおくと効果は絶大です。

引越しでボッタクリされない方法

試してみてください!
最大10社無料一括見積もりができる!

引越し,安い,相見積もり値引き交渉不要のサービスはこちら