引越し後2週間以内にやること

引越しは評判のよい業者で見積もりをとるのが王道です

2,130万件以上の業者紹介実績のうち、
95.2%の方が「また利用したい!」と答えた

引越し,安い,相見積もり私も約30万円値引きした方法はこちら

引越し後2週間以内にやること

引越し,安い,やること

引越し後2週間以内にやることは、役所での

転入届や子どもの転校手続き、運転免許証や
車検証の住所変更などがあります。

 

市町村役場で行うものは、免許証など
必要なものをそろえた上で、まとめて
複数の手続きを済ませると効率的です。

 

普通自動車と軽自動車で手続きを行う場所が
異なる場合がありますので注意が必要です。

 

市町村役場・役所で行う手続き

 

手続き

必要なもの

・転入届の提出

・運転免許証など、本人確認できる身分証明書
・認印
転出証明書

・国民健康保険の加入

 

・転出証明書
・身分証明書
・印鑑

・国民年金の登録

国民年金手帳
・印鑑

・印鑑登録手続き ・登録する印鑑

 

転校手続き

 

転校先の教育委員会に住民票を持って
行き、転入学通知書を受け取ります。

 

教育委員会から指定された学校で、
転入学通知書と教科書受給証明書を提出します。

 

自動車関連の手続き

 

運転免許証の住所変更は、本人確認が必要なときに
役立ちますので、早めに済ませておきましょう。

 

手続き 必要なもの 場所
・運転免許証の住所変更

 

住所を変更しなくても、運転に支障はありません。
しかし、免許更新通知ハガキが旧住所に郵送されてしまいますので、早めの手続きをおすすめします。

・運転免許証
・印鑑

新住所管轄の以下どちらか一方
・警察署
・運転免許センター

・車庫証明申請

 

普通自動車→2500円程
軽自動車→500円程

・住民票か印鑑証明
・保管場所の所在地・配置図
・保管場所使用権書面(※1)
・保管場所使用承諾証明書(※1)
・認印

・新住所管轄の警察署
・車検証の住所変更

 

ナンバープレート代
→1500円〜5000円

 

車庫証明証紙代
→2600円

 

検査登録印紙代
→350円

・自動車検査証(車検証)
・自動車保管場所証明書
・住民票
・認印

普通自動車の場合
陸運局

 

軽自動車の場合
軽自動車検査協会

※1:自己所有地あり→保管場所使用権書面
駐車場を借りている→保管場所使用承諾証明書が必要です。

 

バイクの住所変更

 

バイクの住所変更手続きは、陸運局で行います。

 

原付自動車(125cc以下)

旧住所で廃車手続きを経たのち、新住所で登録手続きをします。

 

・ナンバープレート
・認印

軽二輪(126~250cc)

・車検証
・自賠責保険証書
・住民票
・認印
・陸運局の管轄が異なる場合はナンバープレート

小型二輪(251cc以上)

・車検証
・住民票
・印鑑
・陸運局の管轄が異なる場合はナンバープレート

 

インターネット回線の開通

 

転居ハガキの送付

引越しの予約と見積もりは状況にあわせて選びましょう!

業者予約をネットで完結できる業界初のサービス!

引越し,安い,見積もり,予約

こんな方におすすめ!
・訪問見積もりがめんどうくさい方
・時間がない方
・ランキング・口コミをもとに選びたい方

引越し,安い,見積もり,予約いますぐ引越しの予約をする方はこちら

 


最大10社に無料で一括見積もりができる!

引越し,安い,見積もり,予約

こんな方におすすめ!
・相見積もりをしてとことん値引きしたい方
・時間に余裕がある方
・見積もり特典がほしい方

引越し,安い,相見積もりいったん見積もりをとる方はこちら